早く被害を終わらせるため

被害が拡大しないうちに解決しよう

費用を事前に準備しよう

弁護士にインターネットの書き込みを依頼する際は、10万円ほどの費用を支払います。
事前に用意して、弁護士に相談してください。
風評被害で、何を言われるかわかりません。
嘘の情報が書き込まれることもあります。
風評被害なんて相手にしなければいいと、思っている人がいるのではないでしょうか。
しかし自分たちは気にしなくても、消費者は気にしてしまうかもしれません。

消費者は、風評被害に書かれていることが嘘なんてわかりません。
たくさんの風評被害があると、それを信じてしまいます。
会社の経営状態が急に悪くなったら、風評被害に遭っていると考えてください。
最近は風評被害のトラブルが多いので、専門的に扱っている弁護士も増えています。

迅速な対応が重要になる

早く弁護士に相談して、風評被害の書き込みを消してもらってください。
書き込みを1つ消しても、すでに拡散されている状態だったら手遅れになってしまいます。
多くの人が風評被害の書き込みを目撃する前に、対処しなければいけません。
書き込みが拡散されると、弁護士に削除してもらう記事も増えます。
すると当然、費用も高額になると覚えておきましょう。

書き込みを見つけてすぐ依頼すれば10万円前後の費用で済みますが、遠くまで情報が拡散されている状態だと、30万円ほどになってしまうかもしれません。
費用を抑えるためにも、風評被害を放っておかないでください。
書き込みがないか、常に掲示板を確認するといいですね。
すると見逃がしません。


この記事をシェアする