早く被害を終わらせるため

誰がサイトに書き込んだのか

早く犯人を見つけてもらう

書き込みをした犯人をみつけてもらうためには、弁護士に依頼するのがいい方法です。
サイトの管理人に見つけてもらうこともできますが、時間がかかります。
犯人を探している間に情報が拡散されてしまいます。
弁護士なら、独自のルートを使ってすばやく犯人を見つけることができます。
書き込んだ相手に、誹謗中傷の記事を消してほしいと伝えれば削除してくれるかもしれません。

犯人を見つけてもらう際は、50万円から60万円が費用になります。
高額ですが、誹謗中傷を見つけてただ削除するだけでは、相手は同じことを何度も繰り返す恐れがあります。
ハッキリとこちらが迷惑していることを伝えれば、わかってくれるでしょう。
経営不振に陥っていることなどを、詳しく伝えましょう。

裁判を起こすことができる

犯人に直接訴えてわかってくれればいいですが、中にはまったく反省しない人がいます。
少し経過してから、再び誹謗中傷を書き込むようになるでしょう。
何度も削減を弁護士に依頼して居ると、費用が高額になります。
それよりも裁判を起こして、相手にしっかり罰を与えた方がいいです。
30万円ほどを支払うと、裁判を起こせます。

犯人探しの費用に、裁判を起こす費用が含まれている弁護士事務所も見られます。
裁判を起こせば、犯人も重大なことをしたと反省するでしょう。
2度と誹謗中傷は書き込まなくなると思います。
相手がライバル企業の人だった場合は、相手の企業全体を訴えることもできます。
弁護士が手続きを進めてくれるので、こちらも従ってください。


この記事をシェアする